月額会員制勉強会「プリンセス・マーケティング実践ラボ」「女性に売る」文章・デザイン・見せ方などを、自分のペースで実践し、リアルな事例で落とし込む

マーケティングの最前線で戦う「生きた知恵」を、あなたに
ほんのちょっとした気づきで、ビジネスは大きく変わります!

キラキラ起業塾でも、ガツガツ煽り系でもなく…
お客様に喜んでいただけるビジネスに、本気で取り組みたい方へ

それ、間違ってます!

「どんなブログを書いたら、集客できるのかがわからない…」
売れる文章って、どうすれば書けるようになるんだろう…」
「なんか、このデザイン、しっくりこない…」

ビジネスをしている方なら、きっと一度は考えたことがあるのではないでしょうか。

だからこそ、多くの方が「文章術」を習いに行ったり「効果実証済みのテンプレート」を手に入れようとしたり、プロに依頼して、ホームページやブログを作ってもらったり、とにかく多くのお金や時間を使って…

余計に、売れなくなります

せっかくの努力が、残念ながら、かえって逆効果になってしまう理由を、あなたはご存知ですか。

本当に「文章」が原因ですか?

はじめまして。
セールスコピーライターの谷本理恵子です。

私は、小さなメーカー通販の運営を4社経験した、現場叩き上げの人間です。

プロとして独立した今でこそ、ライティングのテクニックやセオリーなども知ってはいますが、実は、そんなものを知る前に、「売れる文章」を書いてきました。

断言しますが、文章が稚拙であろうと、ちゃんと売れます

お世辞にも上手いとはいえない文章で書かれた「ラブレター」がぐっと心に響くのと同じで、伝わるかどうかは、テクニックではないからです。

問題は「書き方」にあるわけではない!

実際、私自身が主催するセミナーや講座では、「文章の書き方」なんて、ほとんど説明していません。

重要な部分をすっ飛ばして、テクニックに走っても絶対に売れないし、逆に、何も知らなくても、本質さえしっかり押さえていれば、ファンに囲まれて、右肩上がりに成長していきます

つまり、もし今あなたが「お客様にキチンと伝わっていない」「思うように、売れない」「しっくりする文章が書けない」のなら…

本当の原因は、文章以前にあるのです。

うっかり、やってしまいがちなこと

ためしに人通りの多い道路のど真ん中で、叫んでみてください。

「うちの商品は凄い!私たちの会社は素晴らしい!そして、私は偉い!」

…きっと、誰も信じないですよね?
むしろ、あなたが熱心に言えば言うほど、みんなが逃げていってしまいます。

じゃあ、こう言ったらどうでしょうか?

「この商品の魅力はこういうところにあって、他にはない技術を使っていて、新聞にも取材されたんです」

ふーん、それで…?

もちろん「きっといつか、誰かが私のことを見つけてくれるはず」と、道路の真ん中に突っ立って、何もしないよりは、まだ可能性はあります。
 
けれど、そんな風に言ったところで、結局は「私は、凄い!」と叫んでいる状態と変わらない、という事実に、早く気づいていただきたいのです。

ほとんどの人は、売り手がいくら宣伝しても、本気にはしません
だって、みんな、他のことを考えるのに忙しいし、本質的に、自分のことにしか興味がないんです。

つまり、自己中心的な伝え方では、本来、あなたの商品やサービスを必要としているはずの人たちに、本当の魅力は伝わらない、ということです。

伝えるとは、いったい何なのか?

「伝える」を分解すると、「誰に」「何を」「どうやって」の3つにわけられます。

そして、多くの方は「どうやって」伝えるのかという「テクニック」を学ぶことにばかり、目を奪われるのですが…

そもそも、重要なのは「誰に」伝えるのかなのです。

同じ商品やサービスを説明する場合でも、相手が違えば、いったい「何を」伝えれば魅力を感じてもらえるのかが、変わります。

実際の店頭で、お客様に商品説明をする時には、上手な店員さんは、その人の商品知識や、求めているものに応じて、きちんと説明するポイントを変えています。
言葉遣いも、話す速度も、表情や姿勢も、まったく違っているはずです。

けれど、ネットや紙の文章で売る場合には、人によって伝え方を変えるわけにはいきません。

だからこそ余計に、「誰に」をハッキリ明確に(きっとあなたが思っているよりも、100倍くらい具体的に、え?こんなところまで??というくらいに)絞り込んでいなければ、書けるものも書けません。

ところが、この「誰に」が、空想上のありえない人物であったり、自分では絞り込めたつもりになっているだけだったり、本来目指すべき方向からブレまくっていたりするので、なかなか大変です。

残念ながら、自己満足に終わる理由

そして、たとえ「誰に」向けて発信するかをうまく決めることができても、次に重要な「何を」伝えれば、心から欲しいと思っていただけるかという点で、ほとんどの人は致命的なミスを犯します。

その人に「何を」発信すればいいのかを、想像して書こうとしてしまうのです。

きっと、こういうことに悩んでいるに違いない。
こんなことを書けば、わかってくれるはず。
こんな色やデザイン、言葉遣いが響くだろう。

でも、それは、あなたの「思い込み」にすぎません

私が知る限り、99%くらいの割合で、ありえないくらいに、大きく外しています。

あなたのお客様は、本当は、まったく違うことに困っています
ぜんぜん違う言葉で、悩んでいます。

けれど、残念ながら、それに気づいている方は、ほとんどいないのです。

だから、「テクニック」をいくら学んでも、売れるようになりません。

お客様の悩みから大きく外れているのに、いくら言葉を飾っても、かえって怪しく胡散臭くなります。

どんどん違う方向にズレて、自分らしくない文章になっていくので、むしろ何も考えない方が売れた、という事態にもなります。

テンプレートは諸刃の刃

勘違いしないでくださいね。

決して「テクニック」や「テンプレート」が悪いわけではないのです。

マーケティングやライティングの基本よくわかっている、中級者以上なら、テンプレートを使いこなすだけの技量があるかもしれません。

けれど、すべての大前提となるリサーチやペルソナ設定など、土台となる考え方がしっかりしていないと、どんどん誤解して突き進んでいってしまうため、残念ながら、きちんと使える人は、ごく限られているのです。

私は、今まで、多くのクライアントさんの変遷してきた道を知っています(たいてい、大きく遠回りして、うちにたどり着かれます…)。

そして、多くの「自称セールスライター」の「売れない文章」を見て、この業界の行く末に危機感をもっています。

売れないのは、「ライティング以前」の問題で、派手に躓いているせいです。

だから、初心者ほど、テンプレートに頼るのは危険なのです(「このテンプレートのおかげで、すっごく成果が出ました!」という人が、ごく一握りにとどまってしまう理由は、ここにあります)。

大切なのは、いかにお客様を理解するのか

考えてもみて下さい。
テンプレートに「穴埋め」したくらいで売れるなら、みんな売れているはずです。

逆に言うなら、みんながみんな同じ「売れるテンプレート」を使えば、「また、これか」と、売れなくなるのは、当たり前ですよね。
ですから、実は、「そのまま」では使えないのが「売れる文章の雛形」や「ブログ集客のためのテンプレート」なのです。

特に、時代の変化が激しい今、昔効果があったことは、すぐに廃れていきますから、「スワイプファイル」といわれる「売れる文章の型」を使うには、自分なりにカスタマイズすることが必須なのですが、

「売れるテンプレート」を、下手にアレンジすれば…
もちろん、売れなくなります。

きちんと、そのメディアにあわせて、その商品にあわせて、そのお客様にあわせて、競合の状況にあわせて、上手く使う必要があるのです。

いかに応用するべきかを理解していないままでは、使えないのが「テンプレート」の正体です。

でも、実は…

テンプレートなんかに、頼らなくても、「売れる文章」を作るのは、そう難しいことでもありません。

とにかく「お客様」をどれだけ「深く」理解できるか、その方法を知っていればいいだけなのですから。

継続してチャレンジしないと、モノにならない

ビジネスは大きく変わります

もし、あなたが自分自身のビジネスをおもちなら、今さら、「机上の空論」のような全体理論を学ぶ時間も余裕もないはずです。

多くの人が、教材を買っては、途中挫折し、積んでおくだけになっているのを、私も知っています。

だったら…

架空案件で学ぶより、自分のビジネスで考えた方が、手っ取り早いですよね。

それに、はじめて試してみた内容が、1発で当たるなんてことは、めったに起こりません。

どんなことでも、まずはやってみて、さらに改善し続けていくことが必要ですから、ある程度、腰を据えてやっていただく方が効果的です。

それに、期間の限られた塾や講座では、どうしても突発的な事情が起きて、取り組めなくなる人も出てきます。人生の一大事とたまたま重なるということは、案外起こりうるので…本当は、いつでも自分の都合に合わせて利用できる方が、便利ですよね。

もっと言うなら、いつもアドバイスが必要なわけではなく、「ここぞ!」という時に頼れる、顧問弁護士や顧問税理士のような先を確保しておくことができれば、それでいいはずです。

かといって…
コンサルタントを雇うほどでもない

もしそんな風に考えているなら、新しいサービスを試してみませんか?

 

これまでのコンサルティングサービスでは、できなかったこと

月額会員制サービス「プリンセス・マーケティング実践ラボ(旧:女性客をファンにする“伝え方”の学校)」は、これまでの講座や塾のようにカリキュラムが決まっているわけではなく、自分自身が今、ぶつかっているリアルな課題を通して、今すぐにできることから、どんどん試していただき、その中で、実践的にマーケティングやライティング、キャンペーン展開やシステム整備など、必要な知識を学び、改善を続けていくことを、重視しています。

だから、ぐっと身につきやすく、結果が出るのも早いのが、一番の魅力です。

また、1対1のコンサルティングでは、どうしても高額になりがちですが、その内容をみんなでシェアするならば、メンバー全員の学びになります。つまり、普通のコンサルティングのように、直接アドバイスさせていただけるにもかかわらず、圧倒的に費用を抑えることができます。

さらに、すでに430人以上の方が利用し、常時150名程度のメンバーが参加していますから…
前向きに頑張る人たちが集まる「環境」に身をおき、モチベーションを保ちつづけられるのも、孤独になりがちな起業家にとっては、メリットです。

「プリンセス・マーケティング実践ラボ」で、あなたが得られるもの

動画コンテンツ・PDF資料

あなたのビジネスの参考になるさまざまな販促物の事例が満載の会員サイトに、自由にアクセスしていただけます。何が良いのか、どこをどう真似するべきかといったポイント解説つきでアップされていくので、マーケティングやライティングの基礎も実践的に学ぶことができ、一石二鳥です。

また、定例会でのミニセミナーの動画や、公開添削や公開コンサルの動画など、だいたい2日に1度くらいのペースで、新しいコンテンツが追加されていきます。

 会員専用サイトを試しに見てみる! 

専用Facebookグループでのフォロー

メンバーだけの専用Facebookグループをご用意しており、いつでも、質問や提案、公開添削のご依頼などを受け付けています

また、適宜、ワーク課題を出題していますので、ご自身のペースで取り組んでみてください。これまでに考えたこともないような質問に取り組めば、これまでに気づいていなかった大きなヒントが得られます。

ワークの結果をコメントに書き込んでいただければ、私自身が、さらにもう一歩進んだアドバイスをリアルタイムでさせていただいています。やり取りの速さは、インターネット上のサービスだからこそ。ふと浮かんだ疑問をそのままにすることなく、着実に身につけていただけます。

今ある環境をちょっぴり変えることによって、あなた自身の大きな変化がはじまります。

月に1回のオンラインでの定例会

その月ごとに違ったテーマのミニセミナーの後、それぞれのご質問にお答えしたり、みんなで参考になるページをもとに、視点を研究したり。グループコンサルティング形式での定例会を、毎月開催しています。

どこかの場所に集まるのではなく、パソコンやスマホから手軽に無料でアクセスしていただけるZOOMというオンライン会議室を使い、毎月8日の夜20:30から開催しています(諸事情により、多少日付が変動することがあります。早めにご連絡させていただきますので、ご了承ください)。

途中参加や途中退室も自由な、気軽な集まりです。
参加が難しい回があっても、事前に質問を提出していただければ、すべてお答えして録画をお渡ししますから、無駄になることもありません。

文章のやり取りであれば、いつでも質問自由なさろんですが、話すほうが細かいニュアンスが伝わることもありますよね。
思い切って定例会で相談することで、今、何をすべきか、何をすべきではないのか、どこを変えればいいのかなどをハッキリ明確にすることができます。

リアルな勉強会やお茶会などへのご招待

不定期で、リアルにお会いする勉強会やお茶会を企画させていただきます。
メンバーのみなさまは、ご自身の飲食費など実費のみでご参加いただけます。

セミナーや講座の割引購入や先行公開

基本的に、新しい動画教材などを制作した場合には、サロン内で無料で先行公開させていただきます。また、無料公開期間の終了後は、メンバー限定の優待価格で販売させていただきます。
リアルで開催するセミナーや講座にも、優待価格でご招待します。
(※他社との共催で行うキャンペーンなどの場合には、優待することができません。あらかじめご了承ください。)

お喜びのお声が、たくさん届いています

太田達雄 様(女性向け食材のインターネット通販ショップ運営)
■BEFORE:
やりたいこと、やらなくてはいけない事ははたくさんあるけど、どこから手を付けたら良いか分からない。 そもそも選んだ答えがあっているのかも分からない。 やりたくない日常のルーチンワークに時間の大半を使われ、終わった頃にはすっかり気が疲れ切る毎日から抜け出したいと思っていた時に、「ネットで女性に売る」を読んで知りました。顧客の多くは女性なので、女性の気持ちの一部でも知れればと思って入会することにしました。 同じような境遇の人がどのように考えているかも知りたいと思いました。
■AFTER:
自分の考えや伝えていることは、一方的な思い込みなんだと気付かされました。「顧客の声が全て」、「ゴールから設定する」 は私には思いつかなかった事です。
このサービスの魅力は、自分の考えを伝え、返事がもらえるところ。以前はがっつり作ってからNGを頂いて時間のロスが 多かったのですが、今ではNG前提でどんどんテストすることを覚えたので、時間、費用、労力ともに最小コストを実現できています。
■どんな人におすすめですか?
頭のなかがモヤモヤしながら走り続けている人女性の気持ちが知りたい人自分の意見を持っている人におすすめしたいと思います。

丸山ゆり様 (セミナー講師)
■BEFORE:
セミナー、サービスの集客のために、ビジネスブログ、メルマガを発行していますが、そこからの集客が上手くいっていませんでした。 お客様の心に届き、響くようにするには、なんとかしてライティングの技術を磨かなくては、と思っていたところ、以前お世話になっていたコンサルタントの先生からの紹介もあり、facebookで拝見して女性向けのライティングという点が決めてになり、入会しました。
■AFTER:
全てが目からウロコでした。 まずは、お客様のことがわかっていない、自分の書きたい言葉で書いていた、セールスの基本の基本がわかっていなかったなどあげるときりがありません。 何より、why?のワークを最初にして、わかっていないということがよ〜くわかりました。
■どんな人におすすめですか? 
このサービスのいちばん良いところは、質問に対して、予想以上の答えをもらえること。 理恵子先生の仕事の仕方をお手本にできることです。
ライティングだけではなく、個人起業をしている方全てにおススメです。

森本 雄太様(女性のダイエットサポート)
■BEFORE:
コンテンツブログのライティングやステップメールなどの講座やコンサルを受けてきたりしましたが、いずれも先生が男性で、なんとなく違和感を感じていました。だから、「メインターゲットが女性なのに、男性目線のライティングで売っているような気がする…」などと疑問に感じてはいましたが、それをチェックできるものがなく、どこかに女性専門のライティングのプロはいないかと探していました(1年以上)。
いろいろ探しましたが類似サービスは少ないと感じています。あったとしても、他のサービスはどちらかというとキラキラ女子をターゲットにしていて、男性の私は受けようと思いませんでした。そんなとき、amazonの関連商品で『ネットで女性に売る』を見つけて、自分の中でどストライクだったので購入。読むと自分の考えていたことと真逆で驚き、HPを見てオンラインサロンを見つけ入会しました。
■AFTER:
「自分の考えは捨てよう」が1番の気づきです(ほぼ諦めに近いですが。笑)。その他、ポスティングされるチラシや店舗の広告などの見方も変わり、お客さんに響く言葉を探すようになりました
■どんな人におすすめですか?
このサービスの一番よいところは、ワークのフィードバックが信じられないぐらい濃厚なところ(量も質も)。あと、女性に向けたメッセージだけを教えてくれるサロンではなく、自分のビジネスの土台と関連して学べるところも魅力です。
女性をターゲットにしているなら誰にでもおすすめです。他によいサービスを探すよりも先にこのサロンに入って学び始めたほうがいいです。 

H様(女性起業家向けコンテンツプロデューサー/男性)
■BEFORE:
ランディングページやSNS発信をするときに、私も女性の心の扉を開けられる!という根拠が欲しくて。 谷本さんの本を読んで、男性にもにわかりやすいロジカルな解説をしてくださるので、入会しました。 
■AFTER:
参加前よりも自分の文が女性に伝えられているという自信が持てるようになりました。複雑なロジックがあるものを、いかにシンプルに伝えるかということに気づいたのも大きいです。
■どんな人におすすめですか?
このサービスの魅力はいろいろあるのですが、いちばんは、谷本さんの一人一人の参加者への誠実なフォロー。マンツーマンコンサルばりの丁寧さと熱心さです。
個人や少数でビジネスをしていて、日々のタスクが多くマーケティングなどに手が回らない方にも、おススメです。谷本さんの提供してくれる情報量だけでもかなりの収穫になります。もちろん本題の伝えるスキルも磨かれます。  

M.N.様(女性)
■BEFORE:
お客さんの気持ちがわからなくて悩んでいました。その時々で、お客さんの言葉に引っ張られすぎたり、反対に独りよがりになったり。上手くバランスを取るにはどうしたらいいのかわかりませんでした。 女性のお客さんに伝える『コツがある』と書かれていて、価格が安かったので、どんなものなのか覗いてみようと軽い気持ちで申し込みました。
■AFTER:
男性向けに売るのと女性向けに売るのは、全然違うというのがわかりました。今まで自分が男性的な考え方をしていると思っていましたが、買う時買った時の心理は、女性のパターンそのものでした。参加してからは、お客さんの話や言葉を意識して聞くようになりました
一番いいのは、個別に質問に答えてもらえるところ。それから、コンテンツが豊富なところがいいです。
参加者も女性向けのビジネスをされている方ばかりなので、他の方のリアルな質問や事例が全部参考になります。 この価格のオンラインサロンでここまで内容が濃いところはなかなか無いと思います。入って良かったです。
■どんな人におすすめですか?
女性向けのビジネスで集客に悩んでいる人

池田 博美 様(気づきの呼吸®代表)
谷本さんと、サロンの皆さんに出会って、コンサル漂流に終止符が打たれました。よかった。感謝。
継続して、同じことを何度も繰り返し教えていただけることが、本当にありがたいです。頭の理解ではなく、できるようになる必要があるからです。
谷本さんの他の方へのアドバイスからも勉強できることもいいところです。普通は、他の人の状況は、わからないですから。

\「女性に売る」見せ方が、わかる!できる!つながる! 

 > お申込みは、こちらから 

短期間でサクッと「ショートカット」できる道があるとしたら?

ビジネスのステージを上げるのは、「建物」の「階」を1つ上がるのに似ています。 

目標にしている「1つ上の階」に行こうとする時に、同じ場所から、どれだけ手を伸ばしても、ジャンプしても、天井には届きません。

けれど、先に「1つ上の階」に上がってしまえば、「これまでいた階」の床を触ることは、簡単ですよね。

つまり、ちょっとしたヒントで、「まったく違う発想」で考えられるようになれば…
「コロンブスの卵」のように、すべての問題がいっきに解決してしまうことが、よくあります。

自分ではそもそもどこを解決すればいいのか、どれを優先すれば最も効果的なのかが、さっぱりわからなくなって、うまくステージを上げることができない時に、プロからの的確なアドバイスや、ボトルネックを解消する思いもよらないアイデアがあれば…大きくビジネスが前進すると思いませんか。

思いついたタイミングで、すぐに始められます。

しかも、この「会員制の勉強会」は、1ヶ月月単位で自由に入退会が可能。
しかも、ご自身の入会日からぴったり30日ごとに課金される仕組みになっていますので、いつ入会しても不利になることはありません。
いつでも思いついた時から、気軽に試してみることができます。

次は、あなたの番です

ちょとしたやり方がわかれば、売上を2倍にするのは、そんなに難しいことではありません。

事実、セミナー後の懇親会などで、私自身がちらっと言っただけの一言で、
それ以上の成果を出された方も、数多くいらっしゃいます。

きっと、思いついた今が、あなたのタイミングです。
あなたのご参加を、心よりお待ちしています。

\ 谷本理恵子の「プリンセス・マーケティング実践ラボ」 /

 > お申込みは、こちらから 

  1. 2019.10.17

    1本目の動画、無料公開中!

  2. 2019.09.23

    【動画講座】売れる文章の大前提!「プロが教えるリサーチの…

  3. 2019.08.31

    「年代/世代マーケティング」が通用しなくなった理由

  4. 2019.07.30

    なぜ、今、女性マーケティングが注目されているのか?

  5. 2019.04.27

    オンラインサロン「プリンセス・マーケティング実践ラボ」と…

  1. 2019.08.31

    「年代/世代マーケティング」が通用しなくなった理由

  2. 2019.07.30

    なぜ、今、女性マーケティングが注目されているのか?

  3. 女ゴコロをギュッとつかむ!見せ方入門講座

    2017.12.25

    【動画講座】女ゴコロをギュッとつかむ!見せ方入門講座

  4. ームページの作り方実践編

    2017.12.23

    【動画講座】誰でも今すぐできる!『売れるホームページの作…

  5. 2017.08.25

    「伝える」とは、何か?

  1. 2017.09.25

    売れるレシピを公開します

  2. 2017.09.11

    これまでの文章が劇的に変わる!ステップメール1DAY講座…

  3. 2017.09.01

    揺れるランキング…

  4. 2017.05.09

    今、SNSからの集客が必要なワケ

  5. 2017.05.08

    インタビューされてみました