【無料メール講座】女性に自然に売れていく!
プリンセスマーケティング3つの秘密

本を読んでも、セミナーに参加しても、イマイチ売れない…?

世の中にあふれている「テンプレートを穴埋めするだけで、簡単」に思わず飛びついてしまったことはありませんか。もしくは、自分だけでは無理だから「専門家に任よう!」と、高額コンサルや高額講座に申し込んでしまったこともあるかもしれません。

「女性向けの商材なのに、男性の指導者の言っていることを、そのまま信じていいんだろうか?」と思いつつ、「すべて丸投げしてください!」なんて調子のいい一言テンションが上がり…

結局は、広告代理店やコンサルタントに、ずいぶん高い「勉強代」を払ったただけで何も変わらなかった、経験をあなたもしてきたのではないかと思います。

というのも、なぜか昔から、うちの会社には、そんな風にあちこちを遍歴された方が最後にたどり着くことがあまりに多いのです(そんな遠回りをせずにこのページをご覧いただいている方も、うっかり騙されてしまわないために注意深くお読みくださいね)。

問題は、男女の購買心理の違いにありました

なぜ「うまくいくはず」の施策が、鳴かず飛ばずなのか。
どうして「当たり外れ」が激しく、狙ってもさっぱり再現性がないのか。
検証しようにも「これまでの常識」では理由がわからない数字が出るのはどうしてなのか。

その理由は、これまでのマーケティングが、男性による男性のための方法論だったからです。

データリサーチでは見えない、お客様の本当の気持ちを知りたいと思ったことはありませんか?

これまでのマーケティング理論は、女性目線ゼロ

考えてもみてください。マーケティングやセールスライティングの本を書いているのも、講師をしているのも、ほとんどが男性です。事業会社の役員も、広告代理店の営業も男性が多いため、これまで「男ばかりで女性モノの販促を考える」という、信じられない状況が長く続いてきました(現場は女性に任せているからといって、安心はできません’。上司の「これ、ホント?」といったちょっとした確認で、方向性がずれていく現場は多々あります)。

つまり、実際には、カップルでお買い物に行くと互いにイライラする経験をしているにも関わらず、「まさか、同じ人間なんだから、そう違わないだろう」と考えられてきたのです(昔からコミュニケーションのジャンルでは、昔から男女の違いが認識されていますし、ビジネスは、お客様とのコミュニケーションだといわれていることも知っていながら、まさか異なるポイントがたくさんあることに、これまで誰も気づいていませんでした…)。

もちろん、中には現場の試行錯誤の中から「女性向けの売り方」を体得した人たちもいらっしゃるのですが、経験と勘に頼るよりありませんでした。理論的な裏付けがない以上、うっかり重要なポイントでミスをしてしまったり、マネするポイントがずれてしまったりと、当たり外れが大きくなるのも致し方なかったのです。

はじめまして!谷本 理恵子です

私は、今でこそ『ネットで「女性」に売る』『プリンセス・マーケティング』などのビジネス書の著者として、女性特有の「購買心理」に基づいた文章やデザインアドバイスさせていただく仕事をさせていますが…

もともとは「マーケティングの最前線」とも言われる通販の運営責任者として、泥臭い集客を重ねてきた、現場の叩き上げです

広告予算ゼロの化粧品と健康食品の会社で、自社通販の一人担当として、コツコツとSNSやブログ、報酬単価を極限まで抑えたアフィリエイトなどから、どうにか集客しつつ…

プリンセス・マーケティング

ネットで「女性」に売る 会社のプリンターで、自作のチラシを印刷しては自分で梱包し、どちらのチラシの反応がいいのかを実地でテストしていた経験こそ、私の原点。

結局、業種のまったく異なる4つのメーカー通販現場で6年以上。楽天ショップで、いかに広告を当てるのかに奔走していた時代も、多店舗展開のステージアップのため、社内体制の刷新やシステム変更明け暮れていた頃も、ずっと自分で試行錯誤を繰り返してきました。
また、独立後は、数少ない女性のダイレクト出版認定セールスライターの一人として制作代行を請け負ったり、セミナーや講座を通じて、中小の通販や整体院、各種のサロン、コーチコンサル業の方をはじめ、アパレルメーカーやアプリ開発会社、フランチャイズの本部、広告代理店など、あらゆる女性向け商材の販促や商品企画のアドバイスをさせていただいています。結果…

わかっているつもりでしたが、学びが多かった!(通販運営)

女性の感覚は、同じ女性であっても説明できなかったので、とても学びになりました。
女性向けの商品を扱うすべての人におすすめです。

男性顧客のリピート率もアップしました!(整体院経営)

初回来院時のトーク内容を変えただけで、リピート率が大幅アップ。
女性のお客様だけでなく、男性の来院客の成約率まで上がって、なんと90.4%になりました。
スタッフが接客しても、安定して成約できるようになったのも驚きです。

サイトからの成約率11.7倍(女性向け婚活セミナー主催)

商品画像をちょっと触っただけで、すぐにお申込みの数が2倍に。
その後「プリンセス・マーケティング」の理論をもとに、自分なりに改善を繰り返したていったところ、なんとホームページの成約率が11.7倍になりました。

女性はこんな風に考えるのか(コンサルタント)

女性の「きらきら」とか「輝く」ということが、全くわからず、女性向けの商品にはアレルギーがありましたが、今まで疑問に思っていたことが、よくわるようになりました

といったお声をたくさんいただいています。

つまり、従来のやり方では広告費も、手間も時間も、無駄になってしまい、大損!
それに、このポイントを知らないままでは、随分と遠回りをすることになって、大変もったいないのです!!

ギュッと濃縮して、動画にしました!

私自身は、これまで一貫して30代以上向けの「女性向け商材」を扱ってきたので、実は、息をするように自然にやってきたことばかりなのですが…

正直、これを知らないまま進めば、すぐに頭打ちになってしまうのは明白。
なので、ぜひ昔の私と同じように、今困っている方に知っていただきたいと思うのです。

そこで、今回、これまであまり知られていなかった「女性」特有の買い物プロセスにアプローチする方法、つまり「どうすれば売り込まずに、自然に売れるのか」という大切な3つの秘密を、動画つきの「無料メール講座」にまとめました。

3つの秘密とは?

秘密1(1日目)

誰もがうっかりハマってしまう
「売れない」最大の原因とは?

「男性」と「女性」で、マーケティングのスタート地点が、大きくズレていることを、まずは知っている必要があります。

この4分27秒の動画を見ていただくだけで、これまでの「悩み」に訴求するやり方が、どうして女性には響かないのかが、スッキリわかるようになります。

秘密2(2日目)

女性に売るには、商品やサービスの
見せ方を、どう変えるべきか?

「男性」と「女性」が生きる「ストーリー」の違いが、どれほど「商品の見せ方」に関わってくるのかを、ギュッと濃縮してお伝えしています。

「購買のプロセス」の違いを理解すれば、「ちょっとした違和感」がいかに致命的なのかがわかるようになり、しっかりと狙って当てに行くことも可能になります

秘密3(3日目)

女性が思わず惹きつけられるキーワード

女性たちは、買い物に何を求めているのか、本当は何を買っているのかについて説明しています。

「男性」と「女性」では、まったく「ゴール設定」が違っているからこそ、売れる言葉も異なるのです。

1回ごとに、かなり濃い内容の「動画」セミナーを、3日連続でお届けしますが、もちろん無料ですし、不要になったら購読解除もできますので安心してご登録ください(私も、あなたと同じように、迷惑メールは嫌いです)。

実は…
さらに、ご購読の方には、もれなくプレゼントもご用意しています。


▽▽ 講読者限定プレゼント ▽▽
売れる!女性向け販促物に変えるための
51のチェックリスト
(※ご登録後、すぐにお送りします)


ぜひ、メール講座でお伝えする内容とあわせて、
お役立てください。

\たった3秒で完了!/

今すぐ、無料講座に登録する

 

もう一人で悩まない!「売れる」ヒントは、ここにあります

  • 個人事業でデザインやライティング、コーチやコンサルティングの仕事を細々続けているけれど、やっぱり毎月の売り上げをもっと上げていきたい!
  • 通販やネットビジネスを運営していて、今年こそぐっとステージを上げたい!
  • もっと集客したいけれど、いったいどうしたらいいの?

という方は、ぜひ試しにご購読ください。

女性のお客様に伝える時に、必ず注意していなければいけないポイントを、ギュッと濃縮してお伝えしています。

冷静に考えれば当たり前のことですが…
自分のビジネスを、誰かに「丸投げ」することなんて、本当はできないのです。
あなたの素晴らしい商品やサービスを、本当に必要としているお客様のところにきちんと「伝える」方法を、あなた自身が、しっかりと理解していることが、何よりも重要です。

あなたのビジネスの持続可能な成長を心から応援しています。

「プリンセス・マーケティング®実践ラボ」運営
株式会社グローアップマーケティング
代表取締役
谷本 理恵子


ご購読の方に
\もれなくプレゼント!/

『売れる!女性向け販促物に変えるための
51のチェックリスト』


【無料メール講座】女性に自然に売れていく!
プリンセスマーケティング3つの秘密

ご購読はこちらから

*購読解除はいつでも可能です