企業顧問

今あるものを、より効果的に見せるために…

女性向けの商材をお持ちの会社であれば、日々さまざまな種類の販促物を使っておられるでしょう。

ホームページやランディングページはもちろん、チラシやパンフレット、発送時の同梱、店内の掲示、メールやLINEなど、お客様とのコミュニケーションを図るために、さまざまなものを作ってみたものの…

うまくいった販促もあれば、イマイチ伸び悩んでいる商品もあるのは、当然ですよね。

けれど、いつまでも当たりはずれが激しく、再現性もないとしたら、問題です。

いつまでも「なんとなく」で作るのは、もう、やめにしましょう。

無自覚で直感的な女性の購買行動は、論理で説明できます

どうすれば、もっと女性たちが思わず飛びつくような見せ方ができるのか。
その答えは、意外にも、すでに明確に、論理的に説明できるまでに、体系化されています。

弊社代表の谷本の本『ネットで「女性」に売る』にも、一部の理論はわかりやすく書かれていますが、今「なんとなく、こっちの方がよさそう」と勘で判断されているものは、購買心理や脳科学的観点、また長年の現場でのテスト結果から、明確な理由をつけて「こちらの方が数字が上がる」と説明できるのです。

なぜ上手く行ったのか、どこが失敗したのかを正しく把握することができれば、その教訓を、次の施策に活かすことが可能になります。無限の可能性の中で、手当たり次第にテストするよりも、結果をきちんと言語化して、社内で共有していくことが、飛躍の鍵を握ることは、誰の目にも明白です。

過去の成功と失敗の事例を、最大限に活かす体制を

もちろん、現場では常に悩み、数字のプレッシャーを感じながら、いろいろな施策を試していることは、現場の叩き上げである私自身が一番よく理解しています。ただ、何を目指していけばいいのかという道筋がハッキリと見えていないなら、場当たり的なキャンペーンを繰り返したり、担当者の勘に頼りきりになったり、無駄に迷う時間が長かったり、テストの仕方が間違っているために、結果が何を意味しているのかを見誤ったりすることになります。

内部の人間だけで考えているせいで、今ひとつのステージアップができないなら、女性マーケティングのプロに、相談してみませんか。

マーケティング思考が鍵を握ります

勘違いされがちなのですが、マーケティングは、全体として機能するように組み上げなければ、ほとんど意味がありません。

特に、女性向けの商材の場合には、ほんの少しのほころびが、大きな信頼の低下につながってしまうため、いくら「部分を最適化」しても、うまく数字につながっていかないことがあります。

ですから、細かい部分にまで目を配り、全体として作り込むことが、ぐっと数字を上げる最大の秘訣です。

また、うっかり「どの層をターゲットとして定めるべきか?」や「そのお客様は、何をどういう理由で買っているのか?」といった点を、部分的なデータや統計から、表面的に判断すると、大きく見誤る可能性があります。

だからこそ、より顧客との正しいコミュニケーションを志向した、本質的なやり方が重要になります。

「女性は、こういうもの」という思い込みは危険です

女性の生き方は多様で、環境による影響も大きく、同じ歳でもまったく考えていることが違うことはザラにありますし、5歳違えば悩みも変わるもの。

つまり、「同じ女性ならばわかるだろう」という考えは、幻想にすぎません。

事実、弊社の過去のクライアントには、女性経営者も多く、実際のお客様がどういう人なのかは共感的にわかっているものの、結局は「どう見せればいいのか、よくわからない」という悩みを抱えておられたのです。

また、これまで社内研修などをさせていただいた会社は、普段から、女性に対してマーケティングを行っているところが多く、実際、女性の意見を重視する社風で、女性の社員比率も高い会社が多い傾向にありますが、それでも、多くの女性たちが、女性の購買心理の説明に「スッキリした!」と目を輝かせます。

なぜなら、女性たちは、薄々「これは違うのではないか」と感じていても、それが個人的な好みの問題なのか、女性一般にそう言えるのかについては自信がもてません。ですから、いっけん反対の結果を示すように見えるデータがあれば、動揺し、何が正しいのかがわからなくなってしまいます。

まだまだ、男性ばかりで商品を開発し、マーケティングを行っている世の中で、売り手目線と買い手目線が、おそろしくかけ離れてしまい、まったく意味がないどころか、逆効果を与えかねないやり方が、横行している中で、自分の意見をハッキリと持つことは、思いの外、難しくもあるのです。

けれど、重要なポイントは、それほど多くはありません。
購買心理の違いに応じたアプローチの仕方には、明確な原則がありますから、あとは、実際の事例に結びつけて理解していくだけで、もう悩むことがなくなります。

会社のステージアップを本気で目指すなら

そこで、弊社では、本当の顧客感情を知り、女性客にぴったりの見せ方やリピート構築(CRM・顧客コミュニケーション)を確立し、社内に資産を残す方法を、総合的にアドバイスさせていただく「顧問」サービスを提供しています。

ただし、代表の谷本本人がお伺いするため、あまり件数をお請けすることができません。

限定5社まで(新規のご依頼は、空きがある場合のみ承ります)、費用は月額50万円(税別・前払い)です。

※費用以上の結果を出していただくために、基本的には3ヶ月以上でのご契約になります。
※無料相談は実施していません。初回の面談時から費用がかかることになります。

※現在、基本的に、新規のセールスライテイングのご依頼はお請けしていませんが、顧問契約をいただいている場合に限り、お引き受けできる場合もあります。別途、ご相談ください。

ご依頼後の流れ

「ヒアリングシート」に必要な事項をご記入の上、ご返送ください。
また、添削が必要な販促物などは、事前にChatWork(ビジネス用のグループチャットシステム)でお送りいただきます。

日程調整の上、月に1度、2時間程度、ご指定の場所にお伺いして、総合的にアドバイスさせていただきます。

アドバイス内容に関するご質問や、改善内容に対するフィードバックなどは、ChatWorkにて、72時間以内に返信させていただきます。

詳しくは、お問い合わせください