ターゲットを絞るべきホントの理由

女性客をファンにする!セールスコピーライターの谷本理恵子です。

マーケティングとかセールスライティングを勉強していると、お客様を「たった1人に絞れ」と言われることがあります。実際、私も、そう言います。
 
が、どうも理由が誤解されている気がするんですよね。
 
これは決して「悩みの深いニッチな客」にしか売れないから、ターゲットを絞らなくてはいけない、という意味ではありません。
 
単に、ターゲットを1人に絞らないと、深く響くメッセージが作れない。
だから、書く時にはそうせざるをえない、というだけです。
 
なにしろ、お客様のデフォルトは「買わない」ですから、何かのきっかけで、気が変わらないと行動しません。
 
つまり、その人が「常識」だと「思い込んでいる内容」に切り込んで、「価値観(ビリーフ)」を変えていただかないと、商品やサービスは売れません
 
となると、その人がどんな瞬間に買いたくなるかという「あるあるの場面」を細部まで描写することが必要になりますし、その人が普段から使っている「言葉」へ翻訳しないと、ぐっと響く文章にはなりませんよね。
 
ところが、面白いことに、そうやって1人に絞って書かれた文章は、似た「価値観(ビリーフ)」を持っている人には、同じように深く響く文章になるため、より多くの人を動かすことができるのです。
 
絞って書けば、より広く響く文章になる。
だから、メッセージを作るときには、たった一人に向けて書く。
 
これは、「今すぐ買うだろう悩んでいる客に照準を合わせよう」という発想とは、ちょっと違っているのが、わかっていただけるでしょうか…。
 
ちなみに、「ターゲットの絞り方」については、これまでセミナーでしかお話していなかった3つのポイントを、あっさり新刊『女性に「即決」される文章の作り方』に書いちゃってます。
 
オリジナルで編み出した3条件なのですが、きっとこの絞り方が、一番納得感があって、わかりやすいと思うので、ぜひチェックしてみてくださいね。
 
 
そして、「うーん、イマイチわからない」という方も、「おー、なるほど納得」という方も、もしよかったらぜひオンラインサロンへどうぞ。
 
私自身が、じゃんじゃん個別にアドバイスしているので…
より早く、確実に、遠くまで行けます!
 

\ さまざまな事例から、学ぶ!オンラインサロン /
リアルタイムでアドバイスがもらえる月額会員制サービス

女性客をファンにする“伝え方”の学校

関連記事

  1. 本日、発売

  2. 女性であること

  3. 「売れる文章」は、1人では作れない

  4. 「表現」の問題ではない!

  5. 普通の人は、知らない

  6. 「セールスコピー」と「イメージ広告」の違いとは?

  1. 2018.10.10

    台湾で翻訳出版されました

  2. 2018.10.03

    プリンセス・マーケティング、はじまりました!

  3. 2018.07.25

    UX MILKさんに掲載されました

  4. 2018.06.07

    「表現」の問題ではない!

  5. 2018.05.28

    ターゲットを絞るべきホントの理由

  1. 女ゴコロをギュッとつかむ!見せ方入門講座

    2017.12.25

    【動画講座】女ゴコロをギュッとつかむ!見せ方入門講座

  2. ームページの作り方実践編

    2017.12.23

    【動画講座】誰でも今すぐできる!『売れるホームページの作…

  3. 2017.08.25

    「伝える」とは、何か?

  4. 2017.07.08

    ステップメールは小さな会社でもできる!

  5. 2017.06.29

    セールスコピーライティングとは?

  1. 2017.09.25

    売れるレシピを公開します

  2. 2017.09.11

    これまでの文章が劇的に変わる!ステップメール1DAY講座…

  3. 2017.09.01

    揺れるランキング…

  4. 2017.05.09

    今、SNSからの集客が必要なワケ

  5. 2017.05.08

    インタビューされてみました

LINE@友達登録

LINE@友達追加

コラム一覧(月別)