イメージ広告のコピーとは、まったく別ジャンルです

女性客をファンにする! セールスコピーライターの谷本理恵子です。

ちょっとリサーチしなくてはいけない内容があったため、別のお仕事帰りに、大阪梅田のルクア1100の蔦屋書店さんに寄ったら…
  
引き続き、拙著『ネットで「女性」に売る』は、「広告」棚にでんっと置いていただいており、ありがたい限りです。
 
遠巻きに眺めつつ、誰か手に取ってくれないかなぁと、そのコーナーを通るたびに、無駄にドキドキ…^^;
 
いずれにせよ、必要な人に届いてくれるといいなぁと、祈るような気持ちです。
  
実は、最近、うちのオンラインサロンに入ってくださる方は、ほとんどから知っていただいた方ばかり。
なので、商業出版だからこその潜在力をひしひしと感じながらも…
 
そもそも、本は「三度の飯より好き」なので、ひさびさのワンダーランド(=リアル書店)は、すごく楽しかったです!趣味と実益兼ねられる仕事で、幸せだと思う瞬間ですね(≧∇≦)
  
それにしても、お隣に並んでいた『365日の広告コピー』は、イメージ広告のキャッチコピーを集めたもので、結構面白いのですが、しみじみ、同じ「コピー」という名前でも、まったく違うジャンルだよなぁと思いました。
 
あちらは、「なるほど、上手いこと言うねぇ」とパッと印象づけて、記憶に残すような、短いフレーズでの勝負。イメージ広告と言われる所以です。
 
一方、こちらは、いかにその場で即決させるかの心理戦のような、ある程度まとまりのある文章で、ダイレクトレスポンス広告と言われる世界。
 
で、たぶん、あちらはこちらが書けないし、逆に、私も、あっちの世界で勝ちに行くものを作れと言われても、頭の使い方が違うので、イマイチできる気がしないです(そりゃ、プロライターではあるので、素人さんよりは圧倒的に良いものを書けるでしょうけど、あっちの一流と戦って勝てるかどうかとなると、怪しい)。
 
私は、実益が好きなタイプのため…
 
つくづく、こっち=セールスコピーライティングの方が、性に合ってるなぁと思います。
 
ちなみに、こっちは、実用の文章なので、完全に黒子の仕事ですし、芸術性よりも細い数字重視。具体的に数が売れて、なんぼです。
 
一方、あちらは、ブランディングも含めた世界なので、直接の成約数なんかは、度外視のところもありますよね。
 
ずっと語り継がれる可能性があるという意味で、あちらは、やはり作品なんだよなぁと思ったりもしますが、一方で、こちらには、圧倒的に売る力(顧客心理を誘導する構成力)があります。
 
イメージコピーに御用があるのは大企業だけですが、セールスコピーは、中小零細や個人事業主にとって、爆発力を秘めていますし、売上に直結する強さがあるんです。
 
まだまだ、まったく知られていないジャンルのお仕事ではありますが…
 
セールスコピーライター、バンザイ! 

関連記事

  1. 東京ビッグサイトで学んだこと

  2. 揺れるランキング…

  3. キーボードって、溶けるんですよね

  4. 「感動した」と言われること

  5. アメブロカスタマイズ

  6. 書き方は、同じ

  1. 2018.02.27

    やっぱ女性モノ通販でしょ!

  2. 2018.02.26

    はじめての部活が立ち上がりそう

  3. 2018.02.26

    女性と男性で、モテの定義が違う?!

  4. 2018.02.07

    普通の人は、知らない

  5. 2018.01.31

    もはや、試行錯誤していられない時代

  1. 女ゴコロをギュッとつかむ!見せ方入門講座

    2017.12.25

    【動画講座】女ゴコロをギュッとつかむ!見せ方入門講座

  2. ームページの作り方実践編

    2017.12.23

    【動画講座】誰でも今すぐできる!『売れるホームページの作…

  3. 2017.08.25

    「伝える」とは、何か?

  4. 2017.07.08

    ステップメールは小さな会社でもできる!

  5. 2017.06.29

    セールスコピーライティングとは?

  1. 2017.09.25

    売れるレシピを公開します

  2. 2017.09.11

    これまでの文章が劇的に変わる!ステップメール1DAY講座…

  3. 2017.09.01

    揺れるランキング…

  4. 2017.05.09

    今、SNSからの集客が必要なワケ

  5. 2017.05.08

    インタビューされてみました

LINE@友達登録

LINE@友達追加

コラム一覧(月別)