「二匹目のドジョウ」からストーリーを引き出す仕事です

セールスライティングの基礎

女性に響く」見せ方、「女性に伝わる」書き方をお伝えしている、グローアップマーケティング代表、ダイレクト出版認定セールスライターの谷本理恵子です。


セールスライターのお仕事は、本質的には、「商品の見せ方」を考えたり「利益を出す仕組み」を作ったり、ひいては「ビジネスを構築する」ことにあります。

そのため、文章を「書く」力よりもむしろ、相手から「引き出す」力の方が重要になってきます。


たとえば…

「商品開発秘話」のようなストーリーを書かなければならない場面。

通販のホームページでも、ステップメールでも、発送時に送るパンフレットなどの資料の中でも、ちょっと「こだわり」のある開発ストーリーが書いてあると、ぐっと来ますよね。

私自身、先日、北海道の新千歳空港内にある、たくさんのラーメン屋さんの中で、「さて、どのお店に入ろうか」と迷った際に…

店先に出ていた「メニュー」の近くに、「店主のストーリー」が書いてあり、それを読んでいるうちに、なんだか心動かされて、ついつい入ってしまった、という経験がありますから、店舗ビジネスであっても「いい感じの物語」は、あちこちで使うことができます。

ただ、すべての商品やサービスに、「感動的なストーリー」があるのか、というと…

当然、そうでもない場合も、ありますよね?

そんな時は、どうするのか。

もちろん、偽造するわけではありません。

それを、いかに引き出せるかが、セールスライターの腕なのです。

中には「どうして、この商品を作ることになったのですか?」という質問に、「競合他社で今、爆発的に売れているそうなので、二匹目のドジョウを狙いました」という答えが返ってくる時があります。

当然、それをそのまま書くなんていうのは論外ですが、私は、その答えに納得したり、諦めたりすることはありません。

そんなはず、ない」ということを知っているからです。

私は、もともと化粧品と健康食品の小さなメーカーで働いていましたから、ありがたいことに、常に目の前で商品開発が行われる環境で、仕事をさせていただいていました。

だから、そんなことを言いつつも、どんなに熱心に配合を考え、どんなに一生懸命になって開発しているのかを、知っています

口では「二匹目のドジョウ」を狙うと言いつつも、やっぱり「より良い商品」にしたい。

そう思うからこそ、本当は、いろいろな部分にこだわりを持って開発しているはずなんです。

つまり、「二匹目のドジョウ」は、開発をはじめるにあたっての、ほんのきっかけにすぎません。


そうであるならば、商品開発を担当した本人すら気づいていない「その先」を、いかに引き出すか

どんな「想い」をもって、仕事をしているのか…

そもそも、どんな「社風」の会社なのか…

「どんなお客様」の「どういうご要望」に対して「お役に立ちたい」と思っているのか…

そんなあらゆる「情報」を統合し、「お客様に響くストーリー」に再構築することが、私たちセールスライターの仕事です。

つまり、「売り込む」とか「書く」とかが、メインの仕事ではない。

いかに「引き出して」、誰に、どんな風に「見せるか」

それを考えるのが、セールスライターの仕事の本質だと、私は思うのです。

だからこそ、毎回違っているし、いつでもワクワクできる

セールスライターという仕事は、とっても刺激的で、創造的で、その上、社会貢献もできる素敵な仕事だと、私は思っています。

P.S.

あなたもセールスライターになりませんか?

詳しくはこちら

どうすれば、できるだけお金も手間もかけずに、20日間で利益を5倍にできるのか どうすれば、できるだけお金も手間もかけずに、20日間で利益を5倍にできるのか


マーケティングの最前線とも言われ、資金力の豊富な大手と対等に戦う必要のある
「通販」では、いかにリピートを取れる仕組みにするかが、すべての鍵を握っています。


その緻密な商品構成を、ぜひあなたのビジネスのヒントに。

「ロードマップ+解説メール」で、もう一歩、理解を深めるチャンスです!
今すぐ、ご登録ください!